滑る路面のお役立ちアイテム、 “砂箱”は活用していますか? | Honda Cars 札幌中央 ボディサービス | 車板金修理    
2019.03.06
ドライブ豆知識

砂箱

そもそも砂箱は知っていますか?

みなさんは冬道を走っているときにガチガチの氷の路面で滑ってしまって、イヤになった経験はありませんか。タイヤは空回りしてどうにもならず、気持ちは焦るわ、後ろのクルマには急かされるわといった状況になったら、思わずクルマを乗り捨てたくなってしまうかもしれません。でもそんなときに役立ってくれるのが、道路に撒く砂の袋を収納している「砂箱」の存在です。「そんなことみんな知ってるさ」とおっしゃる人は別にして、「砂箱ってなんですか?甲子園の砂とか、鳥取砂丘あたりの砂を入れた箱のこと?」などとおっしゃるとぼけた人や、そもそも縁のなかった人のために、今回は砂箱について解説していきましょう。

滑って困るのは歩行者もクルマも同じこと

私たち北海道民は否応なく、半年近くも雪とともに過ごさなければならない厳しい環境に暮らしています。その雪がつくりだす凍結現象によって、とくに春先近くの道路はどこもつるつるのてかてか。歩行者ならその路面に足を取られ、すってんころりん、あ痛てて……と、転倒する人が後を絶ちません。運が悪ければ骨折することも。もしかしたら、あなたの身近にもいるかもしれませんね。とくに溶けては凍り、溶けては凍りを繰り返す2月下旬から3月下旬にかけては、急増するそうなので要注意!またそれらも確かに歩行者にはとっては困った悩みですが、日常的にクルマを使うドライバーにとっても共通の悩みです。ただし!タイヤがスリップして動けなくなったときに、道路に黒っぽい砂をザザッと撒けばアラ不思議。びっくりくらいの効果を発揮して、ス~と走れるようになる魔法のような砂(砂袋)を収納してあるのが、砂箱の存在なのです。

積極的に使ってほしい砂袋

砂箱はちょうど郵便ポストくらいの大きさのボックス形で、黄色や水色、薄緑、濃緑色をしていて、電柱などに縛りつけられています。おもに札幌市内や周辺の市町村が中心ですが、大きな横断歩道のあるところや坂道、バスやタクシーの乗降場所、地下鉄などの出入り口、クルマや人通りの多いところなどに設置してあるので、「ああ、あれね」と思い当たる人も多いことでしょう。ところで砂箱には2種類あります。ひとつは常設してある歩道用。もうひとつが冬期間(通常11月中旬~3月下旬まで)だけ設置した道路用です。砂箱を設置している札幌市建設局によれば、クルマがスリップして危ないなと思ったら誰でも使っていいそうで、むしろ積極的に使ってほしいと呼びかけています。砂袋には3kgと1.5kgがあり、中には便利なペットボトルに詰められたものもあります。国が管理している道路については基本的に国の予算で塩化ナトリウムを散布していますが、そのほかの道路まではなかなかカバーできないため、それの役割を部分的にサポートするのが、砂袋(砂箱)の役割なのです。ですからみなさんも、つるつる路面で危ないなあと思う箇所がもしあったら、砂箱から滑り止めの砂袋を取り出して積極的に利用してください。いつでも誰でも、手軽に使えるそうなので、思わぬ場所で滑って立ち往生してしまったら、進んで使うようにしましょう。

砂の正体は砂に非ず?

ところで先ほどから「砂」と呼んでいるものは、じつは石を2.5~5㎜くらいに細かく砕いた砕石なのです。こんな小さな砕石ですが、雪や氷にしっかり刺さると「フン!」と踏ん張りが効くから不思議ですね。この砂箱の設置期間中はボランティアの人たちが定期的に市内をパトロールし、少なくなっているところはその都度補充するそうです。

これが春になって雪が溶けた後、車道については大型の清掃車がきれいしてくれますが、歩道については札幌市を中心に、企業や市民が中心になって砂の清掃を行うとのこと。そんなたくさんの人たちに支えられている砂(砂箱)なので、もし使う機会があればじょうずに大切に活用してほしいと思います。

お見積りはここから

インターネットで簡単お見積もり

板金修理をしたい箇所の写真を添付して送信することもできますので、簡単なお見積りをお出しすることができます。
お気軽にご利用ください。

お電話でのお見積もり

[受付時間]9:00 - 17:30
011-863-7111

FAXでのお見積もり

011-867-3521

FAX用紙を印刷・必要事項をご記入後、送信するだけの簡単なお見積です。

adobeFAX用紙はPDFファイルです。PDFファイルをご覧いただくためにはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobe® Reader™(アドビ リーダー)が必要です。お持ちでないかたはダウンロードしてからご利用ください。

ご来店でのお見積もり

ご来店の場合には、現車を確認しながら修理内容などのご相談が可能になりますので、より正確なお見積をお出しすることができます。
お気軽にご来店下さい。

Honda Cars 札幌中央 ボディサービス白石
〒003-0027 札幌市白石区本通20丁目北1-83
TEL:011-863-7111
Honda Cars 札幌中央 ボディサービス札幌
〒065-0042 札幌市東区本町2条10丁目2-29
TEL:011-787-7111

ホンダカーズ札幌中央ボディーサービス
営業時間外緊急連絡先のご案内

当サービス工場の営業時間外に万が一事故が発生した場合や緊急のご連絡の場合にご利用ください。
24時間365日事故レッカーを受け付けております。

シミュレーションシミュレーション
シミュレーション